薬剤師募集中!

<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

小沢氏「もう少し頑張る」=参院選に全力(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は29日夜、松山市で開かれた同党参院議員の集会であいさつし、「私ももう少し頑張らせていただきたい。元気な限りは彼(参院議員)の成長のためにお力添えをさせていただきたい」と述べ、幹事長職を辞任する意向のないことを改めて示した。
 小沢氏は、自身の元秘書らが逮捕されたことについて「私の不徳の致すところでお騒がせし、心配いただいている」と陳謝した。さらに、「議会制民主主義を定着させるとの一点で、自民党離党以来ずっと頑張ってきた。この理想を実現させるために今後も一生懸命頑張りたい」と強調。夏の参院選を「旧体制との最終決戦」と位置付け、単独過半数獲得に向け全力を挙げる考えを重ねて示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜東京地検、小沢事務所から2000万円押収〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

鳥取・米子「ダラズFM」6月に開局(産経新聞)
<雑記帳>早くも節分にちなんだ「鬼ダイバー」 山口(毎日新聞)
<訃報>高橋進さん82歳=元目白大学長、元筑波大副学長(毎日新聞)
首相動静(1月24日)(時事通信)
東金女児殺害、弁護士が独自鑑定「犯行不可能」(読売新聞)
[PR]
by ygpnfv45hi | 2010-01-31 00:22

<本屋大賞>候補に「1Q84」や「横道世之介」(毎日新聞)

 全国の書店員が「売りたい本」を選ぶ「2010年本屋大賞」の候補作が22日、村上春樹さんの「1Q84」(新潮社)や吉田修一さんの「横道世之介」(毎日新聞社)など、10作品に決まった。書店員の2次投票で決まる大賞は、4月20日に発表される。

【関連ニュース】
<その他のノミネート作品はこちらで>本屋大賞:村上春樹「1Q84」など10作品ノミネート 吉田修一「横道世之介」も
【村上春樹氏インタビュー】 僕にとっての<世界文学>そして<世界>(08年5月12日)
村上春樹:ベストセラー 「1Q84」続編 4月刊行決定
書籍:村上春樹さん1Q84、年間ベストセラーに
<閲覧“注意”です>「1Q84」バカ売れ 読まずに内容を理解する

社会福祉法人、「加算取得に医療法人と差」―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)
<傷害>容疑で両親逮捕 7歳長男を虐待で死なす 東京(毎日新聞)
小沢幹事長、民主党代議士会に出席も無言(産経新聞)
再度「自白」のテープ再生=取り調べた元検事出廷へ−足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)
「施設は本当に足りないのか?」―小規模多機能連絡会・川原代表(医療介護CBニュース)
[PR]
by ygpnfv45hi | 2010-01-29 16:08

「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行−検察側冒頭陳述・秋葉原事件(時事通信)

 「誰かに止めてほしかった」。秋葉原事件の冒頭陳述で検察側は、加藤智大被告(27)が無差別殺傷を決意した後、携帯電話サイトの掲示板に書き込んだ予告に対し、犯行を止める返事がないまま、当日に至った経緯を示した。
 冒頭陳述によると、加藤被告は2006年8月ごろ、携帯電話のサイトで女性と知り合ったが、顔写真を送ると返事が来なくなり、容姿にコンプレックスを持つようになった。
 不安定な仕事やコンプレックスに悩み、掲示板への書き込みを開始。当初は期待通り慰めの返事があったが、無意味な「荒らし」に怒りを深めていたところに、自動車工場から派遣期間の終了を告げられた。
 その後、掲示板で「無視」されたこともあり、報復として、行ったことのある秋葉原での無差別殺人に思い至った。捕まれば自分の人生は終わりだと考えたが、「もう生きていても仕方がない」と自暴自棄になった。
 犯行を決意した当日、掲示板に「スローイングナイフを通販してみる 殺人ドールですよ」、翌日には「やりたいこと…殺人 夢…ワイドショー独占」と書き込んだ。「誰かに止めてほしい」という気持ちがあったが、思いとどまるように促す返事はなかった。
 犯行前日にも、「意外に冷静な自分にびっくりしている」と心境を掲示板に記したが、返事はないまま当日を迎えた。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「秋葉原無差別殺傷事件」
「大変申し訳ございません」=加藤被告、冒頭に謝罪
加藤被告「間違いありません」=弁護側、責任能力争う方針
「息子の人生返せ」=遺族、被告に変わらぬ怒り
加藤被告「弁護士に任せている」=秋葉原殺傷、28日に初公判

小沢問題「もっと怒りを」社民地方組織突き上げ(読売新聞)
<電車内痴漢>39人を検挙 首都圏の新学期集中取り締まり(毎日新聞)
センター試験の外国人参政権「容認」 川端文科相「問題ない」(産経新聞)
土地購入事件 閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)
小沢氏を任意聴取 東京地検(産経新聞)
[PR]
by ygpnfv45hi | 2010-01-28 14:10

産経の経済ニュースを携帯に送信 ソフトバンク(産経新聞)

 ソフトバンクモバイルは26日、産経新聞社グループの産経デジタル(東京都千代田区)提供の最新経済ニュースをメール配信する新サービス「朝刊経済ニュース」を2月2日から始めると発表した。無料。ビジネスマンを中心に、経済情勢・企業動向などの経済ニュースを読みたいという携帯利用者のニーズにこたえる。

 同サービスへの加入申し込みは28日から受け付ける。加入者には平日朝に経済記事の見出しや写真が張り付けられたメールが配信され、記事の詳細をインターネット経由で読むことができる。

【関連記事】
ウィルコム、支援機構活用を検討 ソフトバンクなども出資へ
ソフトバンク2年連続トップ 携帯純増数
ソフトバンクグループ全社員2万人がツイッター開始へ
進む新聞・雑誌のデジタル化 テレビやネットで配信も
YouTubeに産経新聞の公式チャンネル開設

野口宇宙飛行士 北海道の子供たちと交信 質問に答える(毎日新聞)
<NHK>コールセンター担当者 視聴者に不適切な対応(毎日新聞)
「説明したのは良かった」=福島氏(時事通信)
平均時速50キロが限界? =人類が走る最高速度−足の接地時間が制約・米大学(時事通信)
<女性殺害>72歳朝の散歩帰り 空き地で雪に埋まり 札幌(毎日新聞)
[PR]
by ygpnfv45hi | 2010-01-26 19:28

主婦が予想、今年の家庭と収入は「平年より下」(産経新聞)

 昨年末から新年にかけて、全国の主婦に「2010年、あなたの家庭はどんな年になると思うか」を聞きました。

 全体の約半数の46.9%が「幸せな年になりそう」と回答。一方で、世帯収入の予想では「平年より下がる」「やや平年より下がる」を合わせて44.9%に達しました。

 さらに、収入アップを予想した人の78.2%が「家庭が幸せな年」を予想。収入ダウンと回答した人は「幸せな年」が29.3%、「不安な年」が49.0%で、収入ダウンが不安につながる結果に。幸せな人の理由は「赤ちゃんが生まれる」「家族が健康」など。不安には「雇用が不安定」など家計への影響を懸念する声が目立ちました。

 景気については「昨年同様」が42.9%、「昨年より悪い年になる」という回答が33.3%。家計の厳しさが家庭の雰囲気にも反映しているようです。

                   ◇

 主婦のためのケータイサイト「シュフモ」で昨年12月24日〜1月4日。有効回答1万2902人。

【関連記事】
「目安は120万円」 自営業の妻、パートで働くには
「鍋」復権 キーワードは“生活防衛”と“家庭回帰” 
夫婦でも4割「借金秘密」 貸金業協会調べ
「個人年金」税負担増招く? 利率が左右、事前に計算を
サラリーマンでも大家に!競売不動産投資が密かなブーム

長野の村井知事“ダンマリ戦術”の理由とは?(産経新聞)
誤投与で80歳代男性患者死亡 愛媛県立新居浜病院(産経新聞)
高校卒業者の進学率 6年連続で過去最高(産経新聞)
小沢幹事長宅前でもみ合い=自称右翼団体の男逮捕−警視庁(時事通信)
<ベルリン映画祭>山田洋次監督「おとうと」を記念上映(毎日新聞)
[PR]
by ygpnfv45hi | 2010-01-25 20:48

不合格なのに入学費用通知、あて名誤り送付(読売新聞)

 福島県立浜高等技術専門校(福島県南相馬市)は19日、合格者に通知する入学費用などを示した文書を、不合格者14人に誤って送付していたと発表した。

 同校によると、職員が今月15日、パソコンに入っていた合格者リストをもとに2010年度に入学予定の4学科70人のあて名ラベルを作成して郵送。その際、別に保存してあった不合格者リストと一部、混同してしまったという。1人に2通送るミスもあった。

 18日午前、不合格だったのに書類を受け取った人から同校に電話があり、発覚した。同校は14人に謝罪するとともに、合格したのに文書を送っていなかった15人に書類を郵送した。

 同校の須田真一副校長は「本来は2人ですべき作業を1人の職員でしており、ダブルチェックができていなかった。再発防止に努めたい」としている。

小沢氏「検察と戦う」、首相「戦ってください」 異常事態、批判に同調(産経新聞)
元社保庁職員31人、分限免職に不服申し立て(読売新聞)
石川容疑者、犯意認める 「後任秘書に虚偽記載指示」(産経新聞)
「隠滅と逃亡の恐れある」=ひき逃げで米兵の拘置理由開示−那覇地裁(時事通信)
<普天間>移設先にグアム 社民が正式提案へ(毎日新聞)
[PR]
by ygpnfv45hi | 2010-01-24 09:54

高速道路にサバ14トン散乱=トレーラーの積荷が落下−大分(時事通信)

 18日午前8時40分ごろ、大分自動車道下り別府インター(IC)付近で、走行中のトレーラーがバランスを崩し、積んでいた金属製の箱(高さ、幅、奥行き各1.5メートル)14個が落下した。箱の中にはサバが入っており、計約14トンが約300メートルにわたって散乱した。
 大分県警高速道路交通警察隊によると、トレーラーは前の車に近づきすぎたため車線変更をしようとした際、バランスを崩して箱が落下。福岡県から大分県佐伯市に養殖用魚の餌にするサバを運ぶ途中で、箱は重さ約1トンで17個積んでいたという。
 サバ散乱の影響で、下り線湯布院−別府IC間と、上下線日出ジャンクション−速見IC間が約3時間の通行止めとなった。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
日本海側と北海道、大雪続く=交通への影響注意
東北道で27台絡む多重事故=吹雪影響か、5人軽傷
広い範囲で強風、積雪=低気圧接近、交通に影響

可視化法案、今国会提出を検討 検察威嚇、小沢氏擁護で党“暴走”(産経新聞)
<交通事故>大学生はねられ死亡 横浜(毎日新聞)
長崎・漁船遭難、海底の船を山田丸と確認(読売新聞)
<センター試験>インフルで欠席 初日は全国426人(毎日新聞)
まもなく引退!「500系のぞみ」ラストラン・ツアー登場(産経新聞)
[PR]
by ygpnfv45hi | 2010-01-23 09:54

「びっくりドンキー」で食中毒、4人入院(産経新聞)

 宮城県は16日、名取市田高のレストラン「びっくりドンキー名取店」で食事をした県内の1〜44歳までの男女13人が嘔吐(おうと)や下痢、腹痛などの食中毒症状を発症したと発表した。このうち4人が仙台市内の病院に入院し、現在も3人が入院中だが、重症者はなく全員快方に向かっているという。

 県によると、13人は14〜15日にかけて同店でハンバーグやパフェ、フライドポテトなどを食べ、2〜5時間後に発症したという。県では13人が共通して食べた食品などを調べ、同店で提供した食事が食中毒の原因と断定、病因物質の特定を急いでいる。塩釜保健所岩沼支所は同店を16日から3日間の営業停止とした。

 びっくりドンキーは、札幌市のアレフ(庄司昭夫車社長)がチェーン展開するレストラン。低価格なハンバーグなどで人気があり、全国で297店舗、宮城県内では13店舗が営業している。

 同社広報では「食中毒の発生は(昭和43年の)創業以来初めてだと思う。事態を重く受け止め、今後こうしたことがないよう、再発防止に努めていきたい」としている。

【関連記事】
高校の食堂で女子高生13人食中毒 さいたま
ノロウイルスで66人食中毒 栃木県
山形の病院で19人食中毒 ノロウイルス検出
クリスマスケーキで34人食中毒 茨城・鉾田
給食食べた園児ら112人下痢、おう吐 神奈川

有権者と対話「なまごえ☆プロジェクト」始動 自民党(産経新聞)
ヴィトン心斎橋店、ショーウインドー割られ盗難(読売新聞)
<浅川マキさん>ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中(毎日新聞)
小沢幹事長、首相公邸に入る 進退問題を協議か(産経新聞)
<将棋>久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)
[PR]
by ygpnfv45hi | 2010-01-22 14:43

インフル第3の治療薬「ラピアクタ」発売へ(読売新聞)

 厚生労働省は、塩野義製薬のインフルエンザ治療薬ラピアクタ(一般名・ペラミビル)の製造販売を承認した。

 タミフル、リレンザに続く第3の治療薬の登場で、治療法の選択肢が広がる利点がある。早ければ今月中にも発売予定。

 ラピアクタは点滴薬のため、飲み薬のタミフルや吸入薬のリレンザを使用しにくい呼吸器疾患のある人や高齢者、状態の悪い人にも投与しやすい。15歳以上が対象で、基本的に1日1回約15分間の点滴を行う。

 15歳未満は、現在、同社が小児約100人を対象にした臨床試験の結果を受け、追加承認申請を行う計画だ。

介護2施設でノロウイルス=1人死亡、41人発症−北海道(時事通信)
「権力の横暴だ」 石川容疑者逮捕で新党大地の鈴木宗男代表(産経新聞)
「お騒がせ、率直に遺憾の意」党大会で首相(読売新聞)
浅川マキさん ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中(毎日新聞)
小沢氏続投「世論は持つのか」…民主執行部苦悩(読売新聞)
[PR]
by ygpnfv45hi | 2010-01-21 17:27

再生異常?双頭のナマコ特別展示…三重・志摩(読売新聞)

 三重県志摩市阿児町の水族館・志摩マリンランドで、頭が二つある「双頭ナマコ」の特別展示が行われている。

 双頭ナマコは珍しく、1988年1月に同市磯部町沖の的矢湾で採取された個体が入館して以来、2例目という。

 このナマコは体長13センチ。同市志摩町越賀、漁業中村繁元さん(54)が今月8日、志摩半島沖で潜水によるナマコ漁をしていて、水深約5メートルで採取した。頭部右側に枝分かれしたように、もうひとつ頭があり、各頭にはそれぞれ1個の口が備わっている。

 同館研究員の里中知之さん(43)は、「ナマコは体を二つに切ってやれば2匹になるというほど再生力が強い。この個体も何らかの原因で頭部に傷を負い、再生異常により頭部が二つになったのではないか」とみている。

交差点に重傷女性、トラックで何度もひく?(読売新聞)
<愛知県>一般職給与4%減 2年連続抑制へ(毎日新聞)
中国から覚醒剤密輸で元組員起訴 体内に150グラム隠す(産経新聞)
<資金提供問題>鳩山元総務相 贈与税5億円余を納付(毎日新聞)
発砲3人殺害、自殺の大阪市職員は妻に暴力「迷彩服の“変人”」(産経新聞)
[PR]
by ygpnfv45hi | 2010-01-20 23:48