薬剤師募集中!

「びっくりドンキー」で食中毒、4人入院(産経新聞)

 宮城県は16日、名取市田高のレストラン「びっくりドンキー名取店」で食事をした県内の1〜44歳までの男女13人が嘔吐(おうと)や下痢、腹痛などの食中毒症状を発症したと発表した。このうち4人が仙台市内の病院に入院し、現在も3人が入院中だが、重症者はなく全員快方に向かっているという。

 県によると、13人は14〜15日にかけて同店でハンバーグやパフェ、フライドポテトなどを食べ、2〜5時間後に発症したという。県では13人が共通して食べた食品などを調べ、同店で提供した食事が食中毒の原因と断定、病因物質の特定を急いでいる。塩釜保健所岩沼支所は同店を16日から3日間の営業停止とした。

 びっくりドンキーは、札幌市のアレフ(庄司昭夫車社長)がチェーン展開するレストラン。低価格なハンバーグなどで人気があり、全国で297店舗、宮城県内では13店舗が営業している。

 同社広報では「食中毒の発生は(昭和43年の)創業以来初めてだと思う。事態を重く受け止め、今後こうしたことがないよう、再発防止に努めていきたい」としている。

【関連記事】
高校の食堂で女子高生13人食中毒 さいたま
ノロウイルスで66人食中毒 栃木県
山形の病院で19人食中毒 ノロウイルス検出
クリスマスケーキで34人食中毒 茨城・鉾田
給食食べた園児ら112人下痢、おう吐 神奈川

有権者と対話「なまごえ☆プロジェクト」始動 自民党(産経新聞)
ヴィトン心斎橋店、ショーウインドー割られ盗難(読売新聞)
<浅川マキさん>ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中(毎日新聞)
小沢幹事長、首相公邸に入る 進退問題を協議か(産経新聞)
<将棋>久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)
[PR]
by ygpnfv45hi | 2010-01-22 14:43
<< 高速道路にサバ14トン散乱=ト... インフル第3の治療薬「ラピアク... >>