薬剤師募集中!

<口蹄疫>食肉処理場再開 緩衝地帯作るため特例で(毎日新聞)

 宮崎県の家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)問題で、県は31日、搬出制限区域(発生地から半径10〜20キロ)の家畜をゼロにする緩衝地帯を作るため、同県都農町の食肉処理場「ミヤチク都農工場」の操業を再開させた。国の特例で認められ、約1カ月ぶりの稼働となる。

 県によると、通常なら出荷できる状態(牛は月齢29カ月以上、豚は生後180日以上)で、搬出制限区域内に留め置かれていた牛1000頭、豚2000頭から処理する手順で、初日は西都市の牛29頭を処理し、通常の流通ルートで出荷するという。

 同工場は1日当たり牛60頭、豚820頭の処理能力があり、県は「約2週間で終えたい」としている。

 また、食用にならない内臓などの処理については、宮崎市の廃棄物処理施設が受け入れる。

 今後、県は適期に満たないが食肉にはできる牛や豚も処理する「早期出荷」につなげる考え。生まれたばかりの子牛や子豚を除き、対象は牛4500頭、豚3200頭の計7700頭と推計している。

 同工場は発生農家から10キロ圏内の移動制限区域内にあり、口蹄疫感染が発覚した先月20日から操業を停止していた。【蒔田備憲】

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎・えびの市の全農家陰性
口蹄疫:鳩山首相、近く宮崎訪問
口蹄疫:宮崎県の補償額400億円 ワクチン接種の牛と豚
口蹄疫:宮崎県の種牛延命要望を批判 生産者全国組織
口蹄疫:行事中止相次ぐ「飛び火」警戒

赤松農水相の動画に非難殺到 にやけた表情で「早く殺せって言ってる」(J-CASTニュース)
いちよし証券元課長を追送検=2人から750万詐取容疑―警視庁(時事通信)
職人の家庭、父は大変苦労…樽床氏会見要旨(読売新聞)
<野党4党>議長不信任案を提出 議運は上程せず(毎日新聞)
<ハンセン病>教訓を政策に…3省の合同検討チーム発足へ(毎日新聞)
[PR]
by ygpnfv45hi | 2010-06-07 15:37
<< 「映像の男、わたしでない」=鑑... <事業仕分け>14事業を検討 ... >>